アンチ加齢臭.NET

加齢臭って何?

中高年になると体から「オヤジ臭」とも呼ばれる特有のにおいが発生します。これが加齢臭で、英語ではエイジングノートと呼ばれます。

これは若い頃にはほとんどない脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)が年齢とともに増加するので、この脂肪酸の酸化分解が進み、さらに酸化したり皮膚常在菌により分解されたりすることで、ニオイをともなう加齢臭物質「ノネナール」がつくられるためです。

このノネナールが加齢臭のニオイの原因とされていますが、このノネナールは、年齢を重ねると誰もが発するようになります。気になる場合はなんらかの対策をとる必要があります。

デオドラント剤などでも一時的に消臭効果は期待できますが、根本的対策とはなりません。皮膚表面にある脂肪酸を取り除くことが一番重要なのです。

ちなみに加齢臭の発生には男女の性差は関係ありませんが、男性のほうが皮脂腺の働きが活発なので脂肪の分泌も多く、ニオイが発生しやすいといえそうです。