アンチ加齢臭.NET

汗の種類

人間が汗を出す腺は2種類あります。
まず全身いたるところにあるのがエクリン腺です。ここから出る汗は99%が水分、残りが塩分や尿素、アンモニアです。そのためほとんどにおいません。運動などでかく汗は、体温を調整するためにエクリン腺から出る汗です。血中からミネラルや水分が汗腺に入り、ミネラル分は血液にまた吸収されます。結果として水分とわずかな塩分が発汗されます。

しかし、汗腺に老廃物や角質が蓄積されていると、ミネラル分を再吸収せず、一緒に皮膚に排出されます。これが体臭の元となります。

もうひとつがアポクリン腺ですが、こちらは脇の下や性器、肛門の周辺といったデリケートゾーンにあるのが特徴です。毛穴と出口が同じであり、粘り気のある汗が出ます。

この汗はたんぱく質や脂質などを含んで栄養豊富で、皮膚の常在菌が繁殖しやすいため、刺激的なニオイが発生します。

また、体内の皮膚に分布しているのが皮脂腺です。ここから汗はでないのですが、動物性脂肪を摂取しすぎると、油脂成分を過剰に分泌します。その結果、エクリン腺やアポクリン腺を成長させてしまうので、体臭が強い人はさらに強くなってしまう場合があります。