アンチ加齢臭.NET

足のニオイ

足の裏は第2の心臓とも呼ばれるくらい、重要なツボが集中していると言われています。
同様にエクリン腺(汗腺)も集中しているため、非常に汗が出やすい部位となっています。この汗はエクリン腺なのでニオイはほとんどありません。足の裏は角質層が厚く、剥がれ落ちた角質は垢となりやすいのが特徴です。

この垢を栄養分とし細菌が活発化し、さらに皮脂腺からの分泌物が混ざることで、ニオイが発生しやすくなります。足のニオイ対策としては、細菌の栄養分となる垢を落として清潔にしておくことです。

とくに靴や靴下で閉ざされる靴の中は、雑菌にとって好ましい高温多湿の状態です。靴は一度履いたら影干しをして、ニオイの元をそのたびにとっておくことが望まれます。

また肉やチーズなどの乳製品などの食事に偏ると、脂質の分泌が増えてニオイの元をつくり出します。足のニオイだけではありませんが気になる場合は、野菜や果物などを中心にした食生活に切り替えるのもよいでしょう。