アンチ加齢臭.NET

ワキガのニオイ

ワキには二つの汗の腺があります。ひとつは普通の汗を出すエクリン腺。そしてもうひとつが臭いの元となるアポクリン腺です。

エクリン腺から発せられる汗の成分は約99%の水分と1%の塩分から成り、無臭です。スポーツ後や気温が暑いときに、体温を調整するために存在し、一日2リットルくらいかいているとされています。

もうひとつの汗の腺がアポクリン腺。元々異性をひきつけるフェロモンとしての役割であったためニオイがあるのは当然といえば当然なのですが、人間の進化に伴い発せられるニオイは魅力を感じる要素ではなくなっており、今ではワキガ臭などと呼ばれるように、むしろ嫌われる存在となっているようです。

このアポクリン腺から出る汗には、脂肪・脂肪酸・アンモニアといった栄養分も含まれており、雑菌が繁殖しやすいのです。そのため分解されると臭いが発生します。ワキのアポクリン腺からでる汗が原因となるので、ワキガ(腋臭)臭とよばれます。

ワキガは「腋臭症」や「臭汗症」と呼ばれます。人種によって違いがあり、日本人は10~15%、欧米人は70~90%、黒人は100%だと言われています。
これは動物性脂肪の摂取が高いほどワキガであるといわれています。

また、ワキガ臭が強い人はアポクリン腺の働きが活発ということです。これは外耳のアポクリン腺が活発ということなので、耳垢が湿っている人が多いのです。ワキガ体質=耳垢が湿っている、といえそうです。