アンチ加齢臭.NET

ストレスを溜めない

加齢臭が発生しやすいのは、皮脂腺に脂肪分が増えているという状態のときです。

わたしたちのカラダは、ストレスを感じると体内に活性酸素が増えます。すると、過酸化脂質が増加するようになっています。
この活性酸素はどんなときに発生しやすくなるのでしょうか? 例を挙げてみましょう。

1)体に負担のかかる運動をしたとき

ジョギングやサッカー、トレーニングなどスポーツは体に良い面ももちろんありますが、負担がかかることで活性酸素が発生します。

2)過度のストレスを受けているとき

仕事や学業、人間関係の悩みなど、心の負担に体は反応しています。ストレスにより発生する活性酸素により体が傷つけられています。

3)体に影響のある環境下にいるとき

太陽光の紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生します。また、大気汚染の影響でも活性酸素が発生します。

4)その他

日常生活の中でも活性酸素の危機にさらされています。食品に含まれている食品添加物の摂取、タバコの喫煙を行なうことで体内に活性酸素が発生します。

要するにストレスが多ければ多いほど加齢臭が増えるということです。加齢臭を減らすには、ストレスを減らすか、原因となる脂肪酸などを除去することが必要となるのです。