アンチ加齢臭.NET

体臭と病気の関係

脂漏性皮膚炎

頭がくさいと感じる場合、まず考えられるのが脂漏性皮膚炎です。これは真菌が原因となって頭皮に発生する病気で、中高年以降に発生しやすいのが特徴です。症状はフケが多くでることです。

腎臓

腎臓の機能が低下していると、汗にアンモニア臭が混じることがあります。
また、全身疲労時やダイエット中は脂肪が燃焼される際に発せられると、汗と同時に体外に排出されます。これは食事制限のみでダイエットを行なっている場合におきるものだとされています。

魚臭症候群

体臭が魚臭い場合は、魚臭症候群(トリメテルアミン尿症)という病気の可能性があります。これは本来無臭化されて排泄されるところ、その酵素が欠損しているために、魚の腐ったような臭いがするという代謝異常の病気のひとつです。

糖尿病

尿が甘酸っぱい臭いがした場合は、糖尿病の疑いがあります。糖尿病という名前の由来は、一定以上の高血糖の場合、尿の中にもブドウ糖が漏れ、尿が甘くなる(尿糖)ため。